会議には多機能パソコンが必須ツール

会議に出席する場合には、パソコンが必須の持ち物になります。

そして、資料を使って説明をする時には、プロジェクターに接続し大きく投影したスクリーンを見て話をします。逆に、説明を聞いている時には、今届いているメールをチェックしたり、その説明に関連する情報について、チャット機能を使って会社内の知り合いに確認したり意見を求めたりして、その真意の程をチェック出来ます。



更に、説明の順番がまだ来ない場合には、プレゼン資料を編集したり修正したりすることも可能です。



また、スケジュールの確認が必要な場合でも、パソコンで社内のスケジュールDBにアクセスして、他の関連案件も含めてスケジュールの確認や入力も出来ます。

会議の中で出た疑問点についても、パソコンからインターネット及びイントラネットにより、社内外の情報を素早くキャッチして即座に伝達出来ます。



会議の事務局を務めていて、議事録の作成が必要な場合でも、説明を聞きながらその場で作成して、終了と同時に関係者に送付することも簡単に出来てしまいます。迅速さという観点からは、責任者という立場の人にとっては、決定されたことをすぐに部下及び関係者に連絡して、一歩進んでアクションを起こすことも可能です。

それでもやはり、パソコンが多機能化してビジネスツールの主役になり得るのが、Web会議の場合です。

クリック一つで中に入って、遠くのエリアの参加されている皆さんとの会話が、顔の映像を見ながら出来るからです。

現在では、まさにパソコンは会議を支える立役者となっています。